F1

F1開幕! フェラーリF1-75の躍進は、テストで牽制しあったメルセデス、レッドブルのおかげ?

※この記事は、ベストカーwebに寄稿した記事のアーカイブです。


F1開幕前は、レッドブル独走との予想が大勢を占めていた。その理由はバーレーンテストで見せた余裕のトップタイム、そして確実に速いレースペース。しかし蓋を開けて見たらフェラーリにマックスはついていけなかった。例年テストは好調でも本番に弱いフェラーリがその本番で躍進した。メルセデス、レッドブルはテストで牽制しあっていたことで遅れをとったのか⁉ 元F1メカニックの津川哲夫氏が私的解説する。

文/津川哲夫 写真/津川哲夫,Red Bull Content Pool

メルセデスは本番で本領発揮、毎度テストで三味線をひいていたが……

開幕戦バーレーンを走り出して見ると状況は大きく変っていた。例年ならばメルセデスのテストでの勢いのなさはブラフであり、本戦ではいつもならトップに踊りでるはずだが……、金曜日のプラクティスそして土曜の予選に至るまで頭をもたげる事はなく、ハミルトンがやっと5番手。今シーズンに限っては、テストでの低迷は少なくともこの開幕戦に関してはブラフではなかったことが証明されてしまった。    

 逆に驚きはフェラーリだ。テストから好調さをアピールしていたが、そこはフェラーリ、毎年テストでは速くても本番になると伸びがなく低迷に陥るのが常であったが、この2022年は違った。

 ブラフを打っていたのは、実はこのイタリアのスカーレット・フェラーリだったのだ。フェラーリは開幕前の2回のテスト6日間を全てまっとうに今シーズンのマシンF1-75を持ち込み、初日から精力的にテストを繰り返していた。

 その反面、メルセデスは最初のバルセロナテストにはスタンダードな仕様のW13を持ち込み、基礎的なテストを行いそこそこの速さを見せてはいたが……。これが本物ではなく、バーレーンテストにはゼロポッドW13を持ち込んできた。結果、このバーレーンでの3日間だけで本番を迎えることになったのだ。そのせいとはいわないが、バルセロナでの3日間は実に大きな損失だったのではないだろうか。

毎年テストで三味線を弾いていたメルセデス。しかしゼロポッドコンセプトの熟成が進まずブラフではなかった

その結果、異常なポーポシングの対処が間に合わず、バーレーン本番でもこの対処に追われてしまった。

ブレーキのオーバーヒートでルクレールと勝負ができなかったフェルスタッペン

レッドブルは、バーレーンテストで大きなモディファイを受け、本番に挑んでいた。もちろんバーレーンでは1ランク上の走行を見せロングランもアタックランでもトップタイムをたたき出し、その速さを誇示していた。

 しかし、レッドブルはなんとポールポジションを取り逃がしてしまった。というよりも予想以上にフェラーリが速かったということかもしれない。

 前出通りフェラーリの速さは予想されても、誰も本番でこれほど速いとは信じてはいなかったはずだ。そう、むしろフェラーリこそが、F1-75の本当の力を本番まで隠し続けてきていたのかもしれない。F1-75は2人のドライバーともに速く、予選PP、決勝でファステストラップ、そしてワン・ツーフィニッシュの完璧な結果を出してしまった。もはやフェラーリの速さを疑う理由は何もないのだ。

 唯一この驚速フェラーリに挑んでいたのがフェルスタッペンのレッドブルRB18。しかし今シーズン最速を予想されていたRB18は予選・決勝を通じて2番手がやっと、それでもフェルスタッペンはトップを走るルクレールに果敢にアタックしたものの、ルクレールの余裕すら感じる強さでいなされてしまった。

 そのレッドブル、フェルスタッペンはいくつかの問題を訴えていた。ルクレールに追いすがるとブレーキのオーバーヒートが発生、いったん距離を置かねば冷却が出来ない状況に。そしてピットストップでのジャッキダウンでトラックロッドを痛め、曲げてしまったことでフェルスタッペンは不安定な重いステアリングに悩まされてしまった。

マックスはピットでトラックロッドを曲げてしまい、思った通りにならないハンドリングで走っていた

とどめは燃圧の低下でエンジンがミスファイアー、そしてパワーロスからリタイアへと追い込まれている。この現象はペレスにも起こり、彼はエンジンストップがコーナリング中に起こりスピン、リタイアを余儀なくされた。

燃圧の低下で2台のレッドブルRB18はリタイア

RBの2台のリタイアは同じ原因で、燃圧の低下。これは燃料タンク内のポンプがトラブルを起こし、燃料がエンジンに行かなくなったという事らしい。

 問題はポンプや燃料タンクの内部構成等に起因するのだろうが、これもバーレーンの本レースを想定した本格的なシミュレーションと現実とのギャップが生み出したのではないかと想像する。もちろんロングランもレースシミュレーションもこなしてはいたはずだが、混戦状態、先行車への長時間の追走、混戦時のブレーキ熱交換能力の把握……そういった事象へのデータ不足などが今回のリタイアを招いた気がするのだ。

 低燃料積載でのタンク内ベーパーリング、コレクタータンク、コレクターベイのシールド、コレクターポンプの耐ベーパー能力……これらの解析にはそれなりのテストが必要だが、果たしてレッドブルは実走でどこまでこれらを把握していたのだろうか。

レースまでのたった2、3日で問題を解決できるのか?

アルファタウリ ガスリーもリタイア。マシンが燃える災難に……MGU-Kのトラブルか?

レッドブルRB18ペレスのマシンにギアボックス関係のトラブルが1度ならず2度発生している。先のブレーキのオーバーヒート問題、さらにはレッドブル軍団のアルファタウリにもトラブルが発生、MGU-Kの問題とはいうがガスリーは好調にレース展開をしながらも後部が火炎にみまわれリタイアしてしまった。次のレースまで1週間しかなく、この状況を2日3日で立て直すことができるのだろうか。

TETSUO TSUGAWA
TETSU ENTERPRISE CO, LTD.